変わるために生まれた

オレは気づいた。

この世に生まれたことが贖罪で自分自身に足りないパーツを補うために生き続けるということは、オレは自分を変化させるために生まれてきたということだ。

男だから女になりたいという欲望が生まれ、病気だから健康になりたいと願い、弱いから強くなりたくなってゆく。

 

答えの用意されていない数式の中で生きているからオレはわずかな可能性を信じて足掻き続けている。

思考停止は不覚悟だ。オレはアイドルじゃないから嫉妬するしうんこをしている。

未だに答えの見つからない悩みが頭をぐるぐるしている。屁理屈でもこね続ければ形になる。オレはそう考えていた。

 

だが違った。

本当に切羽づまった状況というのは思考能力を奪う。

何をしてもキメられたエンディングが訪れるという恐怖に怯え、奪うことや頼ることに逃げてしまう。

本当に強い人間というのは自分を殺せる人間だ。

オレは3ヶ月に24ページしかかけない。もっと絵がうまくて話が成立していてなおかつ筆が早い人とオレの違いは一体どこにあるのか?

 

それは経験だ。

オレが例えば1歳でピアノがひけても同じ時代の同じ時間軸で生きてるモーツァルトには勝てない。

自己満足は思考停止だ。だからオレは満たされない。

さよならが怖いから友達も作らないしグループにも所属していない。

未だオレにはどこか何も成長していない部分が存在していた。

 

人間はみんな絶対に1つや2つは優れたものを持っている。

オレのように優しさが欠如した人間には、優しさが得意な人がオレの心を埋め合わせてくれる。

そういうふうに人間は繋がり、互いの情報を知りたくなり、恋をし、セックスをする。

なぜセックスをするのか疑問に思っていた。セックスという点だけならゾウでもサルでもいいはずだ。なのになぜ人間のセックスにこだわるのか。

それはそこに愛が存在するからかもしれない。

愛はひとしく人に欠如したものだ。愛はいくら取り込んでも足りないものだからみんな切望している。

それが恋人であり赤ちゃんであったりして供給のループが繰り広げられる。

オレはもっと学ぶ必要がある。図書館に行って本を読むべきだ。

生きる贖罪

生まれてきた事は罪だ。

金持ちは人生を豊かに楽しく彩るためにお金を消費し

貧しい者は生きるために働き、肉体を破壊しながらお金を稼いでいる。

 

オレは金持ちに嫉妬している。

人格、気品、環境、才能、その全てがオレにはないものだ。

貧しさは罪だ。貧しい人間は心まで貧しく薄汚れている。

オレは人格が破綻しているし、叩けば全身からゴキブリが吹き出るほどひどい事をやってきた。

 

この世に生まれて来た罪を償うためにオレは生きている。

あらゆるものが欠如したままこの地に生まれてきた。

オレはオレのパーツを探している。

逃避活動

最近気付いてしまった事があった。

漫画を描いている時、必ず音楽を爆音で流したり、動画を画面の横に置いて見たりしている。

漫画を描くことが学校の勉強と同じ物だとしたらこれは大変なことだ。

もはや漫画を描くついでに動画を見るのではなく、動画を見るついでに漫画を描くという本末転倒な状況になっていた。

漫画を描くのが苦痛だと感じるためにとる逃避行動だ。

これではまずい!と思った僕は、全画面にして漫画を描いた。するとかなり集中して描くことが出来た。

漫画を描いていると常に他のコンテンツを見たくなる。ツイッターニコニコ動画や匿名SNSだ。

 

動かなければストーリーは進行しない!

1コマ1コマが俺の人生だ。1コマ進むごとにストーリーは進行していく。

苦手な構図のコマもある。でもまずは描き始める事が最初だ。

真正面から立ち向かう勇気と忍耐力を…養う!

でも音楽は聞いてもいいよね

勃起は生きてる証!

ここ数日、何らかの病気を患っていたのか、突然心が悲しみで満たされていた。

その悲しみには理由がなく、ただただ湧き上がる負の衝動、「辛い」や「苦しい」という感情ではなく、ただただ純粋に心が病んでいた。

 

が、3日ほど寝たら治った。

おそらく僕は風邪か何かをひいていたのかもしれない。体温計もないし風邪の症状はなかったので真相は迷宮入りだ。

なんにしても病は気からと言う通り、病に侵されると気も犯されるということだ。

 

それと同時に勃起もするようになるほど性欲が回復した。

汚い話になるのだが、僕は週に2回オナニーするのだが、頻度が少ないせいで糸こんにゃくみたいになったゼリー状の精液がでるのだ。

そんな情報は伝える必要なかったかもしれない。何が言いたいかというと、男の人生に勃起は不可欠だ。

男は勃起をすることで生きている事を確信する。

いつまでも勃起し続ける人生でありたいと思った。

君だけは離さない

たとえ世界が後ろ指をさしても

孤独が心を蝕んでも

社会が骨をかじろうと

君だけは離さない

f:id:savivalknife:20180131140152j:plain

君はすでに僕の人体

その一部だから

精神汚染の正体

一昨日まで続いていた精神汚染が、ご飯を食べて布団で寝たら

スッキリ取れてなくなった。

俺の心を蝕んでいたのはウィルスだった。

多分風邪を引いていた。

 

おまたせした。

今日から俺はサバイバル刃だ!

毎日毎日

ハンドミキサーで脳をかき混ぜる妄想をしている

自分の脳髄を取り出して問いただしたい

お前は誰だと