7月はイベント盛りだくさん

やい!頭文字Sことフォルクスワーゲン刃だ。

今日は2017年7月6日。

7月といえばイベント盛りだくさんの月だ。

プールに、七夕に、お祭りに、川遊びに、合宿に、海に、スイカに…ああ、夏なんだなあと、知ってしまった。

ついに夏がやってきた。小学校のプール開きが何日頃か忘れた君はもう大人だ。

大人といえば20日に20才になるぞ。思えば早いものだ。

 

いざ大人の年齢になると、子供なのか大人なのか、境界線がどこなのかわからなくなる。

これは「テレビで見るボクシング現象」と同じである!

テレビの画面の向こうから見るボクシングはすごく簡単そうで、相手の動きに何でも対応出来ると思うが、いざ自分が観客がいっぱいいてライトもいっぱいついてるリングの上で相手と闘うとなると、全く予測がつかないのだ!

これは僕がウシジマくんを読んで研究したので間違いない。

大人とは集合意識であり概念ではない。つまり何が言いたいかと言うと僕はいつまでも子供でいたいということだ。

以上!

エロ漫画のストーリー

やい!最近自転車を買って世界が広がったサバイバル刃だ。

最近悩むことがある。そ・れ・は~~~~…

 

エロ漫画のストーリーだ!

 

僕はついうっかり深くストーリーを考えすぎてしまい、物語が複雑化して、これがエロ漫画である必要性があるのか、エロ漫画として読んだ場合必要なストーリーなのかと、日々悩んでいる。

それについては独自の研究を進めたところ、エロ漫画を読む人の約97%がストーリーは不要としていることが判明した。

 

しかしストーリーは漫画に必要不可欠である。

エロとストーリーの奇妙なバランスのせめぎ合いが、まるでコーヒーとミルクのカフェオレの如く僕の脳を悩ます。

ハムエッグの黄身も愛した女もナイフで真っ二つにすることは僕には出来ない。

一体何がエロ漫画なのだろうか?そこで僕は一回振り出しに戻り、サイコロを振ってみた。すると…

エロ漫画に必要なのは、シチュエーションとキャラクターとフェティッシュとリビドーであることに気付く!

トーリーから考えていたのは間違いだったのかもしれない。

まず自分が何を描きたいのか。次に何を伝えたいか…そう、僕が少年誌志望のインディーズ時代に悩んでいた事と全く同じだった。

全ては同じ結論に収束した。起承転結、それさえあればストーリーというものは勝手に作られるのだ。

やはり一番大事なのはキャラクターだ。世界観や設定なんて人1人の個性に比べたらちっぽけものだ。個性が強い人を見て銀河と比べることなんて今までなかった。

箸が転がるだけで面白いのに考えすぎていた。

大事なのはヒロインが犯したくなるようなやつかってことだ。

読者に「このヒロインを犯したい!」と思わせたら成功なわけだ! 

 

結論から言うとまずはキャラクターから作り、あとから起承転結を考える。

そういえば話は変わるが、今日自転車で遠くのスーパーに行ってフライドチキンを買ったら、でかくてうまくてぶったまげた。

いつも通ってる近くのコンビニやスーパーに行くだけじゃ世界が小さくなってしまう。

今まで僕が暮らしていた世界は猫の散歩よりも小さな小さな範囲だったのだ。

以上!

 

メモ

やい!平成の異端児ことサバイバル刃だ。

今日は描いてて気付いた事をメモするぞ。

 

・ペン入れを丁寧にすると仕上げが楽になる

・影のメリハリを付けると見栄えがよくなる

・骨と肉感をやりすぎかなってくらいに描写する

・描き文字を描くと画面密度が上がってそれっぽくなる

 

以上!

コミスタのノンブル表示

やい!名もない花を踏みつけられない男になりたいギャバイバル刃だ。

今日は新発見があったので皆にもおすそ分けをするぞ。

コミスタやクリスタで漫画を描いてると、ページ番号とノンブルが消えなくて困って調べたところ、なんとメニュー欄の「表示」からノンブルとページ番号を非表示にする設定が出来たのだ!

それにしても最近クリスタでしかダウンロード出来ないツールや素材があり、コミスタ派の僕は遺憾の意だ。

以上!

漫画

やい!描いてる漫画家こと器根田サバイバル刃だ。

最近ふと思ったことがあるので報告することにした。

漫画を書き続ける上で必ずついて回るのが「スランプ」だ!

それがどうしたか?どうしたかというと、昔から描いている途中で「これではだめだ」と自問自答する事がよくあるから一旦思考を整理することにした。

 

最近の俺の悩みは、つい描き込みすぎてしまうことだ。

描き込みが多い方が読み応えもあって迫力、読んだ後の感動も多い。

しかし、それは省略してもいい描き込みなのではないか?

本当にここまで描く必要があるだろうか?

読者はこのページのこのコマの部分に、それを求めているだろうか?

f:id:savivalknife:20170617144413p:plain

そういった悩みを解決すべく、俺は絵のデフォルメを考える事にした。

そもそもデフォルメというのは、究極の基礎から無駄を極限に省いたもののことだ。

 

デフォルメ: déformer、動詞)、デフォルマシオン: déformation、名詞)とは、絵画彫刻などで、対象を変形・歪曲して表現すること[1]

 

古事記にもそう書かれている。

今俺が求めているのは、そう、簡単に言うと、アニメのような絵のことである。

動くことが全体で作られているので、極限まで無駄が省かれているのだ。

例えばソードアート・オンラインとか、棺姫のチャイカなどは、衣装のデザインが原作よりも大幅にデフォルメされている。

より負担にならないよう、動かしやすいように無駄を省いているのだ!

そして導き出される結論は…「洗練」するということだ!

だからと言って、ただ手を抜けばいいというわけでもない。最初の目的と別になってしまうからむずかしいところだ。

見せるところは見せて、見せないところはデフォルメをする。そうすることで物語や展開、画面と絵にメリハリが出来る。

このメリハリこそが重要だ!

以上!

 

物件を見てきた

やい!お部屋探しチューならのサバイバル刃だ。

今日は不動産会社の人と物件の内見に行ってきたぞ。

部屋の中は刑務所の独房みたいで作業に集中出来そうなのでなかなか良かった。

部屋はともかくとして、俺は知らなかった。社会を、世の中の金の仕組みを…。

 

まず家賃の前に初期費用として仲介手数料や火災保険などの費用があり、

色々合わせると2桁は軽く超える値段になる。

更には家賃が例えば10万円だとしたら、月々の更新料として指定の更新料がプラスされて行く。

ので、更新料が5万円だとしたら、家賃が10万円でも15万円になるということだ。

よく東京で一人暮らしを始めるなら100万円の貯金が必要と聞いていたが、たしかに必要だと思った。

 

そして入居までには手続きが複数ある。

順序としては、「部屋を探す」、「申し込む」、「審査」、「とおる」、「契約」、「入居」という感じだ。

f:id:savivalknife:20170617144517j:plain

今までヤドカリとかカタツムリとかタコみたいな感じで割りと簡単にすぐにらくらく入居出来るかと思ってたけどそんなことはなかった。

手続きの中でも一番難関なのは「審査」だ。

収入の証明証、安定した収入があるかどうか、物件に相応しいかどうか、確定申告、うんたらかんたら…。

よほどのこと(犯罪や借金やクレカの焦げ)がない限り審査は通るらしいが、やはり収入によるとしか言いようがない。

f:id:savivalknife:20170617144413p:plain

僕は果たして一人暮らしが出来るだろうか?

金さえあれば全てが思い通りになると思い知った一日であった。

まあ何にしても成人を迎えなければ難しいということだ。

以上!

じっかぐらし→一人暮らし

やい!孤独の胸に火を灯すサバイバル刃だ。

俺は一人暮らしをするぞ。なぜ?なぜかというと、母の手によって家を追い出されるからだ!

来月の20日には成年になるし、いい機会なので一人暮らしを始めるぞ。

ちなみにこれが計画書だ。

f:id:savivalknife:20170615190338j:plain

 

ネットで調べて平均値を合計した。

食費が未知数なので3万円にしたが、どうにか削ればどうにかなるかもしれない。

f:id:savivalknife:20170615190411p:plain


これ本当に出来るのかな…?

f:id:savivalknife:20170615190059g:plain

ま、どうにかなるっしょ

以上!