漫画

やい!描いてる漫画家こと器根田サバイバル刃だ。

最近ふと思ったことがあるので報告することにした。

漫画を書き続ける上で必ずついて回るのが「スランプ」だ!

それがどうしたか?どうしたかというと、昔から描いている途中で「これではだめだ」と自問自答する事がよくあるから一旦思考を整理することにした。

 

最近の俺の悩みは、つい描き込みすぎてしまうことだ。

描き込みが多い方が読み応えもあって迫力、読んだ後の感動も多い。

しかし、それは省略してもいい描き込みなのではないか?

本当にここまで描く必要があるだろうか?

読者はこのページのこのコマの部分に、それを求めているだろうか?

f:id:savivalknife:20170617144413p:plain

そういった悩みを解決すべく、俺は絵のデフォルメを考える事にした。

そもそもデフォルメというのは、究極の基礎から無駄を極限に省いたもののことだ。

 

デフォルメ: déformer、動詞)、デフォルマシオン: déformation、名詞)とは、絵画彫刻などで、対象を変形・歪曲して表現すること[1]

 

古事記にもそう書かれている。

今俺が求めているのは、そう、簡単に言うと、アニメのような絵のことである。

動くことが全体で作られているので、極限まで無駄が省かれているのだ。

例えばソードアート・オンラインとか、棺姫のチャイカなどは、衣装のデザインが原作よりも大幅にデフォルメされている。

より負担にならないよう、動かしやすいように無駄を省いているのだ!

そして導き出される結論は…「洗練」するということだ!

だからと言って、ただ手を抜けばいいというわけでもない。最初の目的と別になってしまうからむずかしいところだ。

見せるところは見せて、見せないところはデフォルメをする。そうすることで物語や展開、画面と絵にメリハリが出来る。

このメリハリこそが重要だ!

以上!

 

広告を非表示にする