刃生存日記

https://twitter.com/unkomoreso720

救いか?怠惰か?

やい!今日は姉の子供の子守の手伝いをしたぞ。

子守をしたあと父のところへ行ったのだが、僕の私生活を見かねてか黙って1万円を僕にくれた。

そして姉と外食してこいと言ってファミレスのステーキを食べた。

しょうゆごはんをずっと食べていたので「こんなすごいステーキを食べていいのだろうか?」と若干罪悪感を感じたぞ。

そのあと姉が「なんか買っとけ!」というので激安スーパーで納豆とか鯖缶とかを買ってきた。

家に帰って食材を並べ、そして捕獲していたヤモリを見る。

僕は…僕はこんな普通の食べ物を食べていいのだろうか?

事情を話せば簡単に支援してくれる父、事情を話せばバイト代をくれる姉。

僕はこれまで二人に頼ろうという選択肢はなかった。

自分ひとりの力で生きていくのが立派な人間だと思っていた。

でも…しかし…

甘えられる存在がいる前提で生活することは是か非か?

否、僕はそれでも…ギリギリでいつも生きていたいから…

でもさっきまで命だったヤモリをただの肉にしたくなかった。

こんなにも目がくりくりしててかわいい生き物に刃を突き立てることは出来ない…。

僕はまだまだあまちゃんだった。ヤモリは逃がすことにした。さよならやもちゃん。

ばいばい

f:id:savivalknife:20171118231550j:plain