オナニーとセックスの違い

エロ漫画についてオレは考えた

エロ漫画は性欲を解消するためにあるのであって

エロ漫画を描くオレはクリエイターとしてではなく

性欲を解消する風俗嬢になるべきだと

 

クリエイターとして作品を作るということは

根本的に存在するがエロ漫画にはうまく当てはまらない

なぜならみんなは作品を見てオナニーをするから

 

少年漫画を読みながらオナニーをするひとはいない

少年漫画を読んでるときオレは心でエクスタシーを感じている

が、エロ漫画を読むときオレは確実にチンコでオーガズムを感じる行動をしている

エロ漫画でチンコをコスるということは間接的にオレが読者のチンポをコスっているということなのだ

 

ページをめくるかもしくはオートスクロールで読むひとのために

スムーズな導入、抜きどころ、エロシーン、興奮するシチュを提供する

それがクリエイターとエロクリエイターの違いかもしれない

 

オレは今までオナニーを見せつけていた

でもそれは違うという事に気がついた

オレのオナニーを見てオナニーする人がいるかもしれないけど

オレが直接読者に手コキをしたほうが簡単に射精するはずだ

 

オレがなにで興奮するか、そしてそしてどうエロく見せるか、なおかつスムーズにシコシコデキるのはどういうページ構成、作品の流れか

この点を踏まえた上で、ついに、本当のオレのエロ漫画家人生は始まる