刃生存日記

https://twitter.com/unkomoreso720

いきなりステーキレポ

足に鎖と鉄球を括り付けられた奴隷のような食生活をしていたら、単行本用の特典サンプルと共にいきなりステーキの食券が同封されていた!

f:id:savivalknife:20180725110635j:plain

(うれしい!)

血に飢えたハイエナの如き血腥さで5km以上離れたいきなりステーキへ駆ける!

千切れそうな手足を引きずり、駆ける、駆ける…見つけた、この店だ!

いきなり解説!

席に座る前にレジに並ぶ!(食券のような方式だ)

肉を選ぶ!俺は肉カードに書き記された忠告を破ってワイルドステーキ450gを注文した。

f:id:savivalknife:20180725111230j:plain

まずサラダを食い散らかし、何らかのソースを肉にかけて、いざ実食だ!

う…うま…。

もはや肉を食べている以外の何ものでもない。

肉を食べる事は幸福であり、肉を食べること=幸せなんだ。

450kgをぺろりと平らげた。それだけ食べたのに不思議と胃は張り裂けそうにならず、むしろ居心地の良ささえ感じていた。

 

それから俺はステーキ依存症になってしまった。

四六時中ステーキのことしか考えられず、コンビニでハムとチーズを買って食べ続ける事しかできなくなり、更には突然思い立ったかと思えば、外を歩き回り、挙句の果てには走ることも可能になった。

 

俺の気は完全に狂った。

 

奇行を続けることで眠りに就くまでが短くなったし、

食生活も大きく変わって、好きでもないサラダも積極的に食べるようになり、

妄想が激しくなってネームは進むし、ステーキを食べるためにお金を稼ぐことすらためらわない。

f:id:savivalknife:20180725113717p:plain

しかも体重が3kgも減ってしまった。

 俺はもう戻れない。完全に気が狂ってしまったんだ…。